銀行に預金をした場合、そのお金はどこかに貸し出される融資の一部になります。
その融資で得られた利益が、預金者に分配されるかといえばそうではありません。
日銀が決めた法定金利に沿って、金利が支払われるだけです。
その他の利益は、ほとんどが銀行の利益になります。
近年、ほとんどの銀行が黒字化しているのはそのためです。
ところが、クラウドバンクの場合はそうではありません。
投資をした資金の多さに比例して、得られた利益が分配されます。
投資の仕組みがシンプルなため、途中で利益が削られることもありません。
得られた利益がほとんどそのまま分配されるため、他の投資方法よりもかなり多くの分配金を得ることができます。
目標利回り5.0%から7.2%という高利回りを実現できるのはそのためです。
集めたお金をどこかに貸し出して利益を得る、この仕組みは同じなのに、投資者が得られる利益には雲泥の差があります。
どちらに投資すれば得なのか、誰にでもわかることなのではないでしょうか。