親不知の抜歯や移植を考えている方も多いかもしれません。
親知らずは普通に生えている分には悪さをすることも少ないですが、多くの場合は横向きに生えたり、埋没して生えたりすることが多く、口内環境に悪影響を及ぼすことも多いです。
その場合は、早めに抜歯してしまった方が良いでしょう。
ただ、その判断というのは素人には難しく、いつどのように抜歯するのかについては、歯医者しかわかりません。

要町の歯医者では的確な治療を行っているため、地元の人からも信頼されています。
親不知の治療にも積極的なので、気になる方は相談してみてはいかがでしょうか。
ちなみに悪さをする親知らずを放置したままにしておくと、口内環境が悪化して虫歯や歯周病になりやすくなります。
その他にも歯槽膿漏や歯肉炎になることもあり、口の環境にとっては良くないと言えるでしょう。
そこも考慮して、しっかり治療していくことが必要となるのです。
くれぐれも親不知は放置しないでください。