目の健康トラブルはよく、カメラのレンズにたとえられます。
カメラのレンズに該当する部分を目の水晶体といいますが、ここが濁る眼病のことを白内障といいます。
原因の多くは年齢の高まりであり、薬では悪化を抑制することしかできません。
視力を取り戻すためには手術を受けるしかないというのが現状のようです。
埼玉県戸田市中町にあり、西川口駅が最寄り駅のとだ眼科では、白内障の相談に対応しているといいます。

白内障を起こした場合には、別の病気を合併することがまれにあり、したがって、定期的に様子を見なければいけません。
とだ眼科では、白内障を起こしている方の健康状態に問題がなく、合併症が認められない場合には、手術を行っているようです。
院内に白内障手術設備があるとのことで、日帰り手術も可能といいます。
日本ではなく世界の話になりますが、失明の原因となる病気のトップが白内障で、全体の50%を占めるといわれています。
症状は放置することなく、実際には別の病気であったということもあり得るため、異変に気づいたら眼科で受診しましょう。

とだ眼科のサイトはコチラ