2016年4月に電気が、2017年4月に都市ガスが自由化に踏み切ります。
今までの独占供給状態の規制を取ってしまい、こと一般消費者につながるところは一定の条件のインフラをそろえたところであれば電気、ガスを販売出来るようになります。
これはこれで一般消費者にすると素晴らしいことではあります。
今までなかった、電気会社、gas会社の選択が出来るようになります。
そして当然安い、利便性の高いところに人々は乗り換えるであろうと言われています。
そして供給するサイドの視点であれば、都市gasとLPgの比較が行われる地区においては影響が大きいです。
都市gasの地区では、ガス料金が大幅に下がります。
そして現在、LPgが供給されている地区は二通りあります。
一つは都市gasパイプが全く埋設されていない、飛び地の地区、そしてどちらも選べるが安いのでLPgが選ばれている地区の二通りになります。
後者の地区では、費用の安さが、都市gasの値下げで影響が出ます。
つまりLPgの料金体系もかなり見直しを行って、価格より下げないと都市gasに乗り換える顧客が沢山出てくると考えられます。
ある意味、今まで法令による制約という名前の保護を受けて、ライバル無しに進んでこられたエネルギー業界が、過去に経験してきた一番大きな障害にぶち当たったと言っても過言ではないと言われています。
比較の原理という概念をどこまでとりいれることができるかが、この大きな障害を乗り越えられるかということに尽きるでしょう。

詳しくはこちら